FC2ブログ

うわの空の下

バイクとカメラと、車と道具と山と自然と空と植物と動物と畑と田んぼと虫と子供と花と太陽と雨と…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた、オレ

CA330497ds.jpg


☆ 昨夜の夢 ☆

オレは、自転車に乗って、ヨタヨタと走っていた。

もう死にそうなほど疲れていて、自転車がぐらぐらしている。
狭くて砂利の道を右に曲がった途端コケそうになり、

その瞬間、

な、なんと、

体が浮く。


体がふわりと、背中の辺りから持ち上げられるような感じで浮いていく、

ハンドルを持ったままなので、自転車の重さが両手にかかってきて重い。

思わず自転車のハンドルを放すと、体が軽くなってどんどん上に昇っていく。


体はいつの間にか、寝そべるような形になっている。

上のほうには、丸い形の出口のようなものが見える。


マンホールの蓋のような形で、それを下から見ている感じ。

蓋に開いたたくさんの穴から、光が差し込んでいる。




このままどんどん近づき、あの出口まで行くのかな。。。。






もしかして、この世の出口?? それともあの世の入り口なのか???



などと考えつつ、



どんどん体は上昇していくのだが、なかなか入り口は近づいてこない。






このままあっちに行ってしまうのかな。。。。。と、思ったら


そのうちに上昇が止まり、こんどは下がり始めた。




なんだ。まだ行けないのか。





しかし、下降スピードもどんどん速くなる。



このまま地面に激突したら痛いなぁ。どうなるのかな。





しかし、下に近づくにつれて、うまくスピードが弱まったらしい。


踵、背中、頭の順に、ふわりと着地した。




あぁ。。。




帰ってきた。




そこは、いつも寝ている、自分の布団の上だった。




ふと隣を見ると、

妻の足が浮き上がっている。




体を捕まえて浮き上がるのを止めようとしたら、
妻の足はゆっくりと下がった。

あぁそうか。
妻も今、帰って来たところなのか。。。と、


思った所で、目が覚めた。






惜しかったなぁ。

せめて、

あの穴から頭だけでも出して、

向こう側を見てくればよかった。

コメント

うん、確かに穴の向こうを覗かなかったのは
もったいなかったね。
けど、良かった、帰ってこれて。
浮遊する夢って、束縛から解放されて自由になりたい気持ちの表れだったりするらしいよ~。(^_^;)
何か思い当たるフシ、ある?
むふふ。

☆ こーこさん
思い当たるフシ? あるある。
最近なにかと、うるさい事多くてさ。。。。

という事は、またこんな夢を見るかもしれないな。
どうせなら、スーパーマンみたいに飛ぶ夢を見たいもんだ。☆!

夢ってあんまり見ないなぁ
たんまに見ても 怖い夢だったりして…

見てるときはとてもリアルですんごく怖いんだけど、
言葉にすると、なんか ヘンテコリンで、
人に話すと笑われたりするのだ。。

動物がよく出てくるよ


☆ニコちゃ
そうそう。 夢って、あとでストーリーをたどっていくと、なんだか訳わかんなくなっちゃうんだよねー。
以前は、まったくと言っていいほど夢をみなかったんだけど、最近よく見るんだ。
慢性的寝不足だからかなぁ。。。

動物が出てくる怖い夢なの??
今度ブログで教えてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tnka.blog86.fc2.com/tb.php/31-49fe9820

 | HOME | 

文字サイズの変更

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (67)
ペット (3)
子供の頃の事 (4)
夢シリーズ (4)
音楽 (13)
遠い記憶 (4)
カメラ (7)
違和感 (9)
うまいもの (14)
農業 (14)
PC (6)
本 (10)
道具 (4)
生き物 (6)
子供との事 (3)
空 (10)
妄想 (17)
バイク (1)
写真 (0)

最新コメント

プロフィール

トシ104

Author:トシ104
数年前に50歳を越え、人生はすでに下り坂。
アクセルオフでも楽々走れて楽でいいぞ~!!

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。